MENU

還元型コエンザイムQ10の飲み方・飲むタイミング!摂取量はどれ位?

コエンザイムQ10サプリを飲む女性

不妊やダイエット、アンチエイジングなどに効果を発揮すると言われているコエンザイムQ10ですが、食事だけでは十分な量を摂取する事が出来ません。
そこで、サプリメントなどを利用する人も多いと思いますが、コエンザイムQ10を効率よく摂取するには、飲むタイミングや摂取量など、注意するべき事があります。
どのような事に気を付ければいいのでしょうか。今回は、そのことについてみていきましょう。

 

コエンザイムQ10は脂溶性

CoQ10は、脂溶性の栄養素です。
ですから、脂肪分と一緒に摂取した方が体に効率的に吸収されるのです。
この事から考えると、食後にコエンザイムQ10を摂取する方がいいと言えるでしょう。

 

食後に飲むことが出来ない場合でも、コエンザイムQ10を摂取する前には何かを口にした方が体への吸収率は高まります。

 

還元型コエンザイムQ10は、元々酸化型コエンザイムQ10よりも吸収率はいいのですが、こうすることでさらに吸収率を高めることが出来ます。

 

目的に合わせて飲む時間を決める

運動をする女性

体への吸収率を高めるなら、コエンザイムQ10を食後に摂取するのが一番効果的ですが、CoQ10の摂取目的がダイエットや代謝のアップであるなら、運動する2〜4時間前や一日の始まりである朝に飲むのが有効です。

 

コエンザイムQ10はサプリメントを摂取してから、2〜4時間で体中に行き渡るので、飲んでからすぐに運動や活動をしても、燃焼効率が上がっていないので効果が半減してしまうのです。
ダイエット目的の場合は、燃焼効率が上がる時間を計算して、コエンザイムQ10を摂取するようにしましょう。

 

コエンザイムQ10の必要摂取量はどれくらい?

CoQ10サプリメントを持つ手

コエンザイムキューテンは、その目的によって摂取目安量が変わります。

 

健康維持や美容を目的とするなら、一日60〜100r運動能力の向上や症状改善のために飲むのなら、一日に100〜300rの摂取が必要とされているのです。

 

コエンザイムQ10は、体に吸収されにくいと言われていますが、それには個人差があり、人によって5倍もの差があると言う人もいます。
コエンザイムQ10は大量摂取による副作用のリスクも低く、安心なので、効果が薄いと感じる方は、多めに摂取した方がいいでしょう。

 

まとめ

還元型コエンザイムQ10を効率よく吸収することができる飲み方やタイミングについて、お話ししました。
食事からは十分な量を摂取しにくいCoQ10。サプリメントを摂取するのであれば、効率的に摂りたいですよね。

 

今まで普通に飲んでいて、効果がいまいちだったな、と思う方も、上記の飲み方を一度試してみてはいかがでしょうか?