MENU

コエンザイムQ10を化粧品で使用するときも還元型の方が良い?

還元型コエンザイムQ10の化粧品は効果ある?

最近では、コエンザイムQ10を配合した化粧品も多く発売されています。
サプリメントなどで体内に取り入れた時のコエンザイムQ10に効果があるのは分かりますが、化粧品として肌に塗ることで効果はあるのでしょうか。
また、その際もサプリメントと同じように還元型の方が効果が高いのでしょうか。

 

化粧品においてのコエンザイムQ10

還元型コエンザイムQ10の化粧品を肌につける

コエンザイムQ10は、体内に取り入れた場合は心筋梗塞や糖尿病、高血圧などに効果を発揮し、さらに高い抗酸化力で若返り効果も期待でき、美肌効果もあるものです。
ですが、これを肌に塗った時はどうでしょうか。

 

例えば、ビタミンCもそのまま肌に塗ったのでは効果がありません。
ですが、ビタミンC誘導体という肌に浸透しやすい成分が開発されて化粧品としても有用になったのです。

 

コエンザイムQ10も同じで、肌に浸透するかどうかが問題なのです。
また、CoQ10は、肌に直接成分を与えることで、効果が現れやすいともいわれています。
コエンザイムQ10の分子は大きく、肌に浸透しにくい上に、日本では、化粧品に配合することができるCoQ10の量の上限が決まっています。
そのため、なかなか効果を感じにくいかもしれません。
ですが、最近では吸収率を高めた商品も発売されていますから、商品によっては化粧品としての効果も期待できるでしょう。

 

酸化型コエンザイムQ10と還元型コエンザイムQ10

サプリメントで使われているコエンザイムQ10には、酸化型と還元型があります。
酸化型コエンザイムQ10は、小腸で吸収されてから還元型コエンザイムQ10に変換されます。
それからでないと、コエンザイムQ10本来の力を発揮できないのです。
この変換の際に、摂取した量すべてが還元型に変換されるわけではなく、何割かは体外に排出されてしまいます。
そのため、還元型コエンザイムQ10の方が効果が高いと言われるのです。
酸化型コエンザイムQ10は値段は安いのですが、効果は減ってしまいます。

 

化粧品にも還元型CoQ10が良い?

先ほど説明したように、酸化型の欠点は、小腸で吸収されてから還元型に変換される時にその何割かが排出されてしまうことにあります。
ですが、肌に塗る化粧品の場合は、小腸で分解されるわけではありませんから、コエンザイムQ10の減少は起こりません。
とは言っても、肌細胞に含まれているコエンザイムQ10もほとんどが還元型なので、肌馴染みが良いのは還元型の方でしょう。

 

まとめ

コエンザイムQ10化粧品について、お話しました。

 

化粧品のコエンザイムQ10成分がカバーすることができるのは、肌の表面のみです。
シミやシワ、くすみ、紫外線などの肌ダメージには効果はありますが、体内のサビには効果はありません。

 

体内の抗酸化もはかりたいという方は、サプリメントなども併用するのがおすすめです。