MENU

コエンザイムQ10の包接体とは?還元型との違いは?

様々な種類のCoQ10サプリメント

コエンザイムQ10のサプリメントにもいろいろなものがあります。
サプリメントを選ぶ際、気を付けて欲しいのは、市販のコエンザイムQ10には酸化型、還元型、包接体の3種類があるということです。
今回は、多種あるコエンザイムQ10サプリメントの中の包接体CoQ10について、ご説明します。

 

包接体とは

包接体コエンザイムQ10はコエンザイムを包んでいる

包接体と言われても何の事なのか、見当もつかないという人もおられるでしょう。
そのような人のために解説すると、包接体とは、オリゴ糖の一種であるシクロデキストリンという物質でコエンザイムQ10を包んだものの事です。

 

デキストリンとはオリゴ糖のことで、シクロとは環状になったものを指します。
この名のとおり、シクロデキストリンはオリゴ糖が環状に連なった形をしているのです。
シクロデキストリンは直径が1ナノメートル(10億分の1m)の小さい物質で、外側は水に馴染みやすく、内側は油に馴染みやすいという性質を持っています。

 

そのため、脂溶性のCoQ10は内側におさまりやすく、水に馴染みやすい外側は体に馴染みやすいのです。

 

包接体コエンザイムQ10の特徴

包接体コエンザイムQ10の特徴は、体への吸収率を高めることができる事です。
シクロデキストリンには、他の成分を包み込む性質があります。
コエンザイムQ10とシクロデキストリンを水中で混ぜると、コエンザイムQ10を1個ずつシクロデキストリンが包み込んでくれるのです。

 

この粒は非常に小さいため、通常のコエンザイムQ10よりも体に吸収されやすくなるのです。

 

還元型コエンザイムQ10との包接体コエンザイムQ10の違い

包接体コエンザイムQ10は、酸化型コエンザイム10をシクロデキストリンで包んだものです。
酸化型コエンザイムQ10は、体内で還元型コエンザイムQ10に返還させなければその効果を発揮できません。
これに対して、還元型コエンザイムQ10は、そのままの形で効果を発揮する事が出来るのです。

 

酸化型CoQ10と還元型コエンザイムQ10

高齢者やストレスの多い方などは、酸化型コエンザイムQ10を返還する力が衰えているので、酸化型コエンザイムQ10を有効利用しにくいのです。
そのような方には、還元型コエンザイムQ10の方が効果を発揮するでしょう。

 

まとめ

コエンザイムQ10サプリメントの一種である包接体コエンザイムキューテンについて、ご説明いたしました。
身体に吸収されやすいように作られているサプリメントですが、変換の際にエネルギーが掛かってしまいます。
自分の生活スタイルや、必要とする量などを考えて、自分に一番合ったサプリメントを選ぶようにしたいですね。