MENU

還元型コエンザイムQ10は不妊に効果ある?妊娠しやすくなるには?

コエンザイムQ10は不妊に効果があるか

最近では、晩婚化が進み高齢出産をする人が増えています。
しかし、女性の卵巣機能は年齢とともに衰えていくため、不妊に悩む人も増えているのが現状です。
そんな中、様々な効果を持っている還元型コエンザイムQ10が不妊にも効果があると言われていますが、それは本当なのでしょうか。

 

還元型CoQ10は本当に不妊に効く?

還元型コエンザイムQ10が本当に不妊に効果があるかどうかに関しての興味深い実験があります。
この実験は、カナダの不妊治療クリニックと大学の研究チームによって行われたもので、マウスに、コエンザイムQ10と、その他のミトコンドリアで働くと言われる栄養素を摂取させて、卵巣機能を調べるというものです。
その結果、コエンザイムQ10を与えたグループではミトコンドリアが活性化して卵巣機能も高まりました。
このことから、コエンザイムQ10が不妊治療に効果的だと推測されます。

 

コエンザイムQ10の摂取が不妊に効果がある理由とは?

それでは、コエンザイムQ10が不妊改善にどのような効果を与えるのか、具体的に見ていきましょう。

 

コエンザイムQ10は卵子の老化を防ぐ

コエンザイムQ10は卵子の老化を防ぐ

女性が不妊になってしまう原因の一つとして、卵子の老化があります。
年齢を重ねて体内に活性酸素が増えてくると、その酸化ストレスが卵子の基になる細胞を傷つけてしまうために卵子の健康が損なわれ、不妊になってしまうのです。
この卵子の老化を防ぐには、活性酸素を減らすことが必要です。
コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があるので、卵子の老化を防ぐことが出来るのです。
抗酸化作用がある栄養素としては、コエンザイムQ10のほかにも、ビタミンCやE、アスタキサンチン、ポリフェノールなどがあります。

 

ミトコンドリアを活性化させる

卵子は、その基になる卵母細胞という細胞が卵巣の中で成熟することで作られます。
この卵巣の機能を高めてくれるのがミトコンドリアなのです。

 

マウスの実験でも、コエンザイムQ10がミトコンドリアを活性化させる事が分かっていますが、これは、コエンザイムQ10がミトコンドリアのエネルギー生成に役立つからです。
このため、コエンザイムQ10が卵子を原因とする不妊に効果があると言えるのです。

 

冷え性の改善を行う

コエンザイムQ10は冷え性の改善も

CoQ10には、心臓の機能を向上させる効果もあり、全身へ血液を送るポンプとなっている心臓の働きを助けます。
心臓が元気に血液を全身に送ることができるようになると、血液の循環がよくなり、血流が改善します。
そのため、不妊の原因の1つとも言われている、冷え性が改善されるという効果もあるのです。

 

体内のコエンザイムQ10量は年齢と共に減少していく

これだけの効果が有るコエンザイムキューテンですが、年を取るごとに、体内での生産量は減っていきます。
これが老化の原因とも言われており、高齢だと妊娠しにくくなるというのも、Q10コエンザイムの不足が原因のひとつではないかとも言われています。
その為、20代後半以降のかたで妊娠しにくいな、という方は、積極的にコエンザイムQ10を摂取してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

コエンザイムQ10の不妊への効果について、お話ししました。
年齢と共に体内での生産量が下がるCoQ10ですが、普段の食事だけではなかなか十分な量を摂ることができません。

 

そういった場合は、サプリメントに頼るのも、1つの手です。
体内への吸収率が高いサプリメントを選んでみるのが、良いでしょう。

 

当サイトでは、おすすめのコエンザイムQ10サプリメントもご紹介していますので、ぜひ、そちらもご覧になってみてくださいね。
>おすすめの還元型コエンザイムQ10サプリメントを見る